【書評】金融市場はカジノ~ボックス理論の神髄と相場で勝つ方法~を読んで

こんにちは。鹿男です。

 

今回は、ニコラス・ダーバス著の「金融市場はカジノ~ボックス理論の神髄と相場で勝つ方法~(山口雅裕氏訳)」を読みましたので、読了後の書評を書きたいと思います。

あまり書きすぎるとネタバレになってしまうので、気になった点のみピックアップしたいと思います。

 

スポンサーリンク

あらすじ

ニコラス氏は、投資を始めた当初、短期間の売買を繰り返していた。しかし、ある時に短期売買を繰り返すことは証券会社の利益になるが、自分の利益にはほとんどならないことに気が付く。

そこで、新たな投資方法のボックス理論とある方法を並行して、売買することで多大な利益を得ることができた。というのが本書のあらすじです。

 

売買委託手数料を減らせ

ニコラス氏は、株式市場をタイトルのとおりカジノと表現しています。その理由は、短期投資(投機)が買った後にいくらで売れるかを買い手の推測に基づいて取引されるギャンブルであり、株式市場はそのギャンブルを行うための場(カジノ)だからです。

私たちに株式投資の場を提供している証券会社はギャンブラー(投資家)がベット(売買)する際の手数料を得て存続しています。

私たち個人投資家がいくら利益を上げようが、損を出そうが、売買毎に証券会社へ手数料を支払わなければなりません。それが積み重なることよって、わずかな利益は減り、多くの損がさらに膨らむため、売買に掛かる手数料を減らすことの重要性をニコラス氏は説いています。

 

存在するのは現在だけだ

ニコラス氏は、本著の中で「私の知りたいことは、自分の持ち株が近い将来どう動くかだ」と記しています。

また、分析から分かることは、過去の動きと今の動きだけで将来は分からないとし、「買った株がどの方向に動くかを確実に知る方法はない。」とも記載しています。

そのため、ニコラス氏は、「株価が上昇しているうちは、株を売らない。下落した時には、株を売る。」という、いわゆるトレンドフォローを基本とした考え方で投資をすることにより資産が大きく増えたと語っています。

 

最後に

だいぶ簡潔にまとめましたが、残念ながらこの本を読んでボックス理論の「神髄」が分かるのかと言われると難しいですが、ボックス理論ととある方法を組み合わせることで資産を防衛しながらトレンドにうまく乗る術を学ぶことができます。(ただし、資産が減らないとは言っていない)

また、短期投資をするデメリット(売買手数料)についての文章量が多いため、「短期投資で全然勝てないんですけど!」という方やあまり売買手数料について考えたことがない人にもおすすめの一冊です。

 

これだけは忘れないでください。

未来は誰にも分らない。著者のニコラス氏もその例外ではない。ということを。

 

BYE

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です