Pipsって何ですか?

こんばんは。鹿男です。

 

最近、FXをやり始めたのですが、Pipsというものがよく分からなかったので、調べてみました。

私のようにFXを始めたけど、Pipsが分からない!っていうFX初心者の方は参考になればと思います。(私ようなよほど見切り発車する人でもない限り、そんな人はいないと思いますが・・・)

 

スポンサーリンク

Pipとは

Pipは、「Percentage in point」の略で直訳すると100分の1点という意味で、為替の変化の単位です。読み方は、ピップと読みます(小学校の英語の授業で習ったと思いますが、2Pipの場合、複数形になることから2Pips(ピップス)となります。)

その他に、「Price Interest Point」の略でもありますが、直訳すると価格の関心点という・・・(こちらはあまり考えなくて良さそうです)

 

1Pipは1銭

結論から先に書きますと

 

1Pip = 0.01円(1銭)  です。

(※通貨ペアの中に、円が含まれている場合)

 

テレビでニュースなんかを見ていると、「本日の円相場 ドル100円95~98銭」なんて、シーンを見たことありませんか?

FXをやっていない人からすると、「銭ってなんだよ。いつ使うんだよ!」って感じですが、その銭こそがPipなのです。

 

基本的に、円と関係している為替取引(ドル/円、ポンド/円、ユーロ/円等)の場合は、0.01円(1銭)が1Pipになります。

つまり、画像で言う赤丸が1動くと1Pipとなります。

 

通貨ペアの中に円が入っていない場合

上記はあくまで、通貨ペアの中に「円」が入っている場合のお話です。では、通貨ペアの中に「円」が入ってない場合はどうなるのでしょうか。

 

Wikipediaによると、日本を除く主要通貨は小数点第4位まで価格が設定されており、小数点第4位が1Pipとなります。

例えば、アメリカのニュースでは下の図のような放送をされているのだと思います。(多分)

 

円と関係していない為替取引(ユーロ/ドル等)の場合は、0.0001ドル(0.01セント)が1Pipになります。イメージは下の図のようになります。

 

最後に

小数点以下の一番小さい数字が1動くと1Pipって考えると分かりやすいですね。

 

FXでもやっていないと銭なんて単位使わないですけど、ニュースでも取り上げられていますし、知っておいても損はしないですね!

(ちなみに日本銀行のホームページによると、1953年まで「銭」は使われていたそうです。)

 

 

BYE

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です