ロボアドバイザー投資法!

 

こんばんは。鹿男です。

 

 

突然ですが、皆さんは「ロボアドバイザー」という言葉をご存知でしょうか。

投資の世界には、AIが勝手に判断し、最適な投資をしてくれるというサービスがあります。

個人的な都合なのですが、このご時世でなかなか、投資に向き合う時間の確保が難しい日々が続いています。

ただ、元からパソコンに張り付いて逐一株価を見ているような投資をしていないので、ロボアドバイザーサービスを利用し、AIに投資を任せてみたいと思います(ブログのネタにもなるな~)笑

というわけで、2つの代表的なロボアドバイザーに3万円ずつを託すことにしました。!

 

スポンサーリンク

WealthNavi(ウェルスナビ)

最初は、WealthNaviです。

WealthNaviは、2015年4月に会社を設立し、正式なリリースからわずか約3年11か月の間に31万口座、預かり資産が2600億円を突破するという世間からも注目度が非常に高いロボアドバイザーです。(数字は、2020年7月時点)

個人への6つの質問を通じてリスク許容度を分類し、5段階の運用プランから投資家の希望に沿った形(どれだけリスクを許容するか)で米国株、日欧株、新興国株、米国債券、物価連動債、金、不動産に分散して投資を行ってくれます。

また、自動リバランス機能がついており、値上がりした銘柄を売却し、値下がりした銘柄を購入してくれ、得た利益や分配金を再投資し続けることで「複利効果」も期待できます。

 

しかし、WealthNaviには一つ大きな欠点があります。それは、初期投資費用が10万円必要だということです。過去の私が10万円を支払って口座を開設してくれていたので、3万円の入金ができましたが、初めて口座を開設して、投資をするのにまとまった10万円が必要というのは個人的にハードルが高い気がします。。。(もしかして、私だけ!?)

 

ちなみに、WealthNaviと調べると「ノーベル賞受賞者が提唱する理論に基づき、「長期・積立・分散」により、資産形成をサポートしてくれる。」ということを謳っておりますが、このノーベル賞を受賞者というのは、ハリー・マコウィッツ氏のことで、彼は、ざっくり言うと「リスクを避けてリターンを期待するうえでは、分散投資(ポートフォリオを構築)が有効ですよ」という理論を提唱し、ノーベル賞を受賞しました。これは、長期投資家の一般的な投資法であり、ロボアドバイザーに頼らなくてもできますので、あまり驚く話ではないかと思います。

 

WelathNavi:https://www.wealthnavi.com/

 

 

THEO(テオ)

次は、THEOです。

THEOは、2013年8月に会社を設立し、2016年2月にTHEOをリリースしました。その後は、順調に顧客を増やし、2019年10月には、口座数10万、預かり資産が500億円を突破するなどWealthNaviに比べると数字が見劣りしますが、ロボアドバイザー界の2トップの一翼を担っています。(勝手なイメージで2トップに認定しました。)

THEOもWealthNavi同様にノーベル賞を受賞した「現代ポートフォリオ理論」を採用していますが、さらに「資産価格の実証分析」というノーベル賞を受賞した理論の2つを用いた運用アルゴリズムによって投資が行われています。

(※資産価格の実証分析とは、ユージン・ファーマ氏とほか2名が受賞した「投資する銘柄の背景を考慮して投資しましょう」という理論)

投資先も、最大で30種類以上のETF(世界86カ国、11,000銘柄以上)への分散投資やWealthNaviにもあったリバランス機能のほかにAIアシスト(暴落予想)やクオンツ運用(市場心理を読んだ投資)を行うのも大きな特徴です。

また、WealthNaviと違って、初期投資も1万円とハードルが非常に低いのが個人的には、魅力的です。

 

THEO:https://theo.blue/

 

最後に

正直、今回調べてみて、投資のど素人に言わせると、どちらも同じようなサービスだな。という印象です。ただ、どちらかと言うと、初期投資金額が少ないTHEOの方が手を出しやすいのかな。って思ったのですが、口座数を見る限り、世間はWealthNaviの方が優れているという判断をしているようです。(みんな最低投資金額10万円は、そんな高い壁じゃないのかな?)

ただ、どちらも定期的に入金をしないとなかなか資産は大きく伸ばせないようです。また、ロボアドバイザーも完璧ではありません。当然、赤字になる月もあると思います。

そういったロボアドバイザーに頼る投資法の裏側を今後ブログでお見せできればと思います。次回を乞うご期待!(いつかは不明)

(私の中で、ロボアドバイザーを使った投資は、あくまでブログのネタ程度であり、今後10万円くらいまでは入金するかもしれませんが利益はほとんど期待していません。)

 

 

投資は余剰資金(無くなっても生活に支障をきたさない金額)で行いましょう。

 

【追記】

このブログを書いたのは、7月の中旬くらいでしたが、8月2日時点での運用成績は、下記のとおりです。

WealthNavi:30,000円 → 31、868円(+1,868円())

THEO:30,000円 → 30,165円(+165円(0.55%))

やはり、WealthNaviの方が若干優秀なようです。

 

BYE

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です